NEWS RESEARCH MEMBER PUBLICATION AWARD ABROAD JOIN ALBUM CONTACT/ACCESS
 
 
 

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

 

 

 

INFORMATION

●2014.12.25 市岡君(M2)が平成26年度 技術士第一次試験(化学部門)に合格しました。

これにより修習技術者(技術士補となる資格を有する者)となり、登録を行うことで技術士補になることができます。

 

●2014.12.25 アルバムを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.12.17 第7回 結晶性萌芽材料 粉末回折研究会を開催しました。

講演者:泉 富士夫(名古屋工業大学客員教授)
講演題目:「外部プログラムとの連携を強化したRIETAN-FP」

 

 

●2014.12.5 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.12.4 福田先生が第69回(平成26年度)日本セラミックス協会賞を受賞しました。

賞種別:学術賞
業績題目:回折法と顕微鏡法を用いた新規無機化合物の探索と機能発現

 

●2014.11.28 福田・浅香研究室 第6回同窓会を開催しました。

同窓会の模様はこちら

 

●2014.11.26 福田先生が表彰されました。

 

●2014.11.12 第7回 結晶性萌芽材料 粉末回折研究会を開催します。

大学や研究機関、企業からの一般参加者を募ります。

日時:2014年12月15日(月)15:00〜16:00
場所:名古屋工業大学 2号館C棟2階 0223(Y)講義室

<講演者>

泉 富士夫(名古屋工業大学客員教授)

講演題目:
「外部プログラムとの連携を強化したRIETAN-FP」

くわしくはこちら
クリックでPDFが開きます。

 

    【名古屋工業大学 構内案内図】

 

●2014.10.28 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.10.8 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.9.26 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.9.5 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.8.27 アルバムを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.7.3 海外留学を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.6.13 フランスのリモージュ市にて(独)日本学術振興会 二国間交流事業セミナー(JSPS-CNRS Bilateral Joint Seminar)を開催しました。

セミナー名:高速イオン伝導性セラミックス素子の材料設計と開発
     (Material Design and Development of Highly Ionic-Conductive Ceramics Devices)
開催日:2014年6月4日〜2014年6月6日
日本側代表者:福田功一郎
フランス側代表者:Philippe Thomas

 

●2014.6.13 アルバムを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.6.11 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.5.28 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.4.24 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.4.9 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.4.7 メンバーを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.4.7 アルバムを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.3.31 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.3.12 「Powder Diffraction Journal」の表紙に坂野君(M1)作成の図が掲載され、額を頂きました。

 

構造精密化にはRIETAN-FPを、結晶構造と電子密度分布の描画にはVESTAを使用しました。

詳しくはこちら→Powder Diffraction - Vol. 28(3) September 2013

 

●2014.3.10 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.3.7 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.3.7 アルバムを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.1.30 (独)日本学術振興会 二国間交流事業セミナー(JSPS-CNRS Bilateral Joint Seminar)が採択されました。

セミナー名:高速イオン伝導性セラミックス素子の材料設計と開発
     (Material Design and Development of Highly Ionic-Conductive Ceramics Devices)
日本側代表者:福田功一郎
フランス側代表者:Philippe Thomas

 

●2014.1.27 兵庫県立大学の嶺重先生との研究会を開催しました。

研究会では嶺重先生にご講演をいただき、夕方からの懇親会では交流を深めることができました。

懇親会でのその他の画像はこちら

 

●2014.1.27 アルバムを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.1.21 発表論文を更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.1.8 アルバムを更新しました。

詳しくはこちら

 

●2014.1.8 海外留学を更新しました。

詳しくはこちら

 

 

copyright 2014〜 Fukuda・Asaka lab. All Right Reserved.